甲州羽毛ふとん® コラム

羽毛布団はニオイがするの?羽毛布団のニオイの原因とその対策

甲州羽毛ふとん

羽毛布団ってどうして臭うのでしょうか?

羽毛布団の臭いの主な原因として挙げられるのが、羽毛の洗浄不足です。
洗浄後の羽毛がどれだけキレイなのかを示す数値を専門用語で「清浄度」と言います。
一般的な基準値として設けている数値は「500mm以上」になります。
また、水鳥から採取した羽毛には、専門用語で「油脂分」と呼ばれる油が含まれています。
この油分が臭いのモトになります。
油分は、洗浄によって取り除くことはできますが、洗浄しすぎると羽毛そのものを壊してしまいます。わかりやすく言い換えると、パサついた髪の毛のようになってしまい。羽毛本来の機能性(保温性・吸湿性)が低下することになります。

甲州羽毛ふとんでは、天然水を利用し一般的な基準の倍の「1000mm以上」をクリアーした羽毛を使用しています。
天然水は水の分子が細かく、洗剤を過剰に使わなくても羽毛に付いた細かな汚れが落ちやすく、羽毛の自然な油分を落としすぎないため、羽毛本来の機能を残すことができます。

グースかダックか?

羽毛布団に使われる羽毛は、グースとダックの2種類の水鳥から採取されます。
基本的にダック(あひる)は雑食、グース(がちょう)は草食です。
植物類を主食として育ったグースは特有のケモノ臭さが少なくなります。羽毛独特のニオイが苦手な方は少し高価になりますがグースの羽毛布団をおすすめします。
また、グースダウンは独特なニオイは少ないですが、羽毛自体は動物性の繊維です。臭いが全く無いわけではありません。

飼育期間が重要?

飼育期間が短い若鳥から採取された羽毛ほど独特なニオイいが発生しやすくなります。若鳥のスモールフェザーなどの羽軸には成長に必要な栄養組織分が残っていて、ニオイを発してしまうためだと言われています。
成熟した水鳥の羽軸は栄養組織分が抜けきっているのでニオイが少なくなります。
特にマザーグース、マザーダックと呼ばれる水鳥は言葉の通り母親鳥のことで、長期間大切に成熟するまで育てられた水鳥たちのことをいいます。
飼育期間が長いマザーグース、マザーダックは、しっかり成熟し、かさ高のあるダウンを持つだけでなくニオイも少ない、最高級羽毛布団の中身にふさわしいダウンと言えます。

羽毛ふとんの取り扱いについて

どんなに高級な羽毛布団でも無臭ではありません。
特に作り立ての新品は自動車の新車と同じく、真新しい独特なニオイがするものです。
ですが、定期的にメンテナンスすることにより羽毛の独特なニオイを軽減させることができます。
一番効果のある方法はやはり天日干しです。
天日干しはニオイ対策だけでなく、かさ高性の回復やダニ・カビ対策にもなりますので下記の方法で天日干しをしてください。

羽毛布団の天日干しの方法

目安としては月に1〜2回
時間は、片面1時間程度(※長時間の天日干しは注意してください)
湿度の低い晴れの日の午前10時から午後3時ころがベスト

できるだけ天日干しの際には布団カバーをかけるようにしてください。
そのまま直射日光に当ててしまうとがわ生地が日焼けし傷んでしまいます。
羽毛布団を長くお使いいただくためにも、できるだけ天日干し用の際にカバーを使用するようにしてください。
梅雨時期など天日干しができないときは、羽毛布団の中にしっかりと空気を通す事と湿気を取り除いてやることが重要です。
梅雨時期は雨も多くてなかなか外に干せませんが、その場合は布団乾燥機をお使いください。
また、干し終わって取り込む時は表面のホコリを手で払ってください。
強く叩くと中のダウンがちぎれたり、がわ生地が傷んで羽毛が吹き出してしまうのでご注意ください。間違っても布団叩きなどで叩かないでください。


最後に、ニオイの感じ方には個人差があります。
特に初めて羽毛布団をお使いになる方や、新品の独特な匂いが気になる方は、お休みになる前にまず一度天日干ししてください。
一度干しても気になる場合は、続けてでも構いませんので何日か連続で干してください。 新車のニオイ同様に徐々薄れてなじんで気にならなくなっていきます。


ご購入はこちら

甲州羽毛ふとん®オンラインショップ

公式オンラインショップ

ふるさと納税サイト

甲州羽毛ふとん®は、ふるさと納税の返礼品としても採用されています。

Copyrights © Taki-living co. ltd. all rights reserved