甲州羽毛ふとん® コラム

羽毛ふとんとしての最高の素材「マザーグース」について解説します。

マザーグースとは?

 

マザーグースとは、言葉の通り親鳥のことです。厳密には「産卵のために飼育されている鳥」になります。
飼育期間は一般的に2~6年と長期間になります。
飼育期間を終えたマザーグースから羽毛を採取し、それが最高級羽毛ふとんに使われます。

マザーグースダウンは産卵を中心に育てられている親鳥から丁寧に採取された羽毛です。
飼育期間が2年から6年と言われていましたが最近は5年が主流です。
ダウンボールが大きく、かさ高性、弾力性、保温性と、最も優れたグースダウンです。
十分に成長した親鳥から採取された「成熟したダウン」は、その中心になる核の部分がしっかりとし、枝羽も大きく保温力があります。
そのために少量でも空気を含む力が強いために保温力があります。言い換えれば、マザーグースを詰めた羽毛布団は軽くて暖かいのです。

 

保温性と耐久性に優れたマザーグースの羽毛

マザーグースの羽毛の特徴として、高い保温性が挙げられます。マザーグースは飼育期間が長く大きく育っています。採取される羽毛は、一般的なグース(レギュラーグース)のものよりも中心となる核がしっかりとしており、ひと粒ひと粒が大きいのです。
羽毛が大きければ大きいほど空気を含むことができるために、暖かい空気を保ちやすくなります。また、マザーグースの羽毛は成熟しているため、羽枝が発達していて耐久性が高いのも特徴的です。そのためにマザーグースの羽毛を使った羽毛ふとんは長く使用することができるのです。

 

実はマザーグースににもランクがあります!

マザーグースといっても実は品質の違いがあり、かさ高性とダウン率によってランクがあります。
かさ高やダウン率は高いほど、軽くて暖かい良質な羽毛になります。

主なランクとして

ダウン率95% ダウンパワー(かさ高性)440以上
ダウン率93% ダウンパワー(かさ高性)440以上
ダウン率93% ダウンパワー(かさ高性)430以上
ダウン率93% ダウンパワー(かさ高性)410以上

など・・

最高級品とされているマザーグースの羽毛でも上記のように品質が違うのです。
ひとくちにマザーグースといっても様々なランクがあるのです。

マザーグースの産地

世界の羽毛の産地は、主ににポーランド、ハンガリー、ロシア、ウクライナ、セルビア、カナダ、中国などがあります。日本での産出はほんとんどありません。
飼育場の自然環境・地理的位置による気候の違い・飼育方法により多少の品質差はありますが、基本的に産出国による差はありません。

むしろ、その後の洗浄・選別・精毛過程において品質の差がでます。
特に洗浄工程は、業界基準では羽毛を洗浄後の水の透明度は500mmとなっていますが、甲州羽毛ふとんの規格は1000mmになるまで洗浄をしています。
また、洗浄回数と羽毛品質は全く関係ありません。汚れている羽毛は洗浄回数が多くなるため油脂分率の低下つながります。

よくある質問に、「ポーランド産とハンガリー産のマザーグースではどちらが優れているのか?」
と聞かれますが、
両国ともに長い期間をかけ国策事業として品種改良に取り組んできた経緯がありますので、答えはどちらともいえません。ダウン率やダウンパワーが同じであれば同等の品質になります。

 

羽毛は天然繊維です。その年により品質や、収穫量が異なります。

羽毛原料は食肉の副産物のため99%が輸入品になります。
近年は世界的にダウンジャケットの需要が高まり、特に最高品質のマザーグースダウンは大人気で年々需要が高まり不足気味ですが、甲州羽毛ふとんでは、長年の取引実績により毎年安定的に輸入しています。

甲州羽毛ふとんは長年の歴史と文化を継承し培われた技術と信頼に基づいて、安心・安全なものづくりをしています。
豊富な天然水で磨かれた羽毛を熟練の職人が一枚一枚丁寧に仕上げた商品です。
世界遺産「富士山」の大自然の恩恵を受け、天然水で磨かれた羽毛ふとんをぜひお楽みください。

 

ふるさと納税の返礼品としても大人気の

「ポーランド産ホワイトマザーグースダウン95%」羽毛ふとんはこちら

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://shop.koushuumoufuton.com/SHOP/267693/267686/list.html


ご購入はこちら

甲州羽毛ふとん®オンラインショップ

公式オンラインショップ

ふるさと納税サイト

甲州羽毛ふとん®は、ふるさと納税の返礼品としても採用されています。

Copyrights © Taki-living co. ltd. all rights reserved