甲州羽毛ふとん® コラム

洗える羽毛布団ってどう!? メリットをデメリットを解説します。

最近、洗えるふとんって増えてきています。
敷ふとんが洗える専用コインランドリーまで出現しているので、ふとんを洗いたいというニーズは相当多いのだと思います。
羽毛布団も例外ではありませんね。できればジャブジャブ洗ってきれいにしたいものです。

そこで、今回は洗える羽毛ふとんのメリットとデメリットについて解説します。

洗える羽毛ふとんのメリットは、ズバリ1点 洗えることです。
日頃しっかりお手入れをしてはいても羽毛布団の中の目に見えない汚れは気になりますよね。
毎日使うふとんはできるだけきれいにしたいものです。

デメットは後に記述します、、最後までお読みください。

羽毛布団を家庭で洗う方法

まずは、お手持ちの羽毛ふとんが洗えるものなのかの確認が必要です。
布団のタグに記載されている洗濯表示を確認してください。手洗いマークや洗濯マークがあれば洗えますが、水洗い不可やドライマークの場合は洗うことはできません。

下図にあるのが水洗いできる商品の絵表示です。
この絵表示がついていないものは水洗いはできませんので注意してください。

洗えるふとんの洗濯表示は次の通り

羽毛布団が洗えないときは?

水洗い不可やドライマークの羽毛布団は自宅では洗えません。
その場合は、クリーニングやリフォーム(打ち直し)に出してください。
クリーニングと打ち直しの違いは下記にまとめておきます。

・クリーニング(丸洗い)
布団を丸ごと洗います。

・リフォーム(打ち直し)
羽毛を取り出し、洗浄、乾燥し、その後足りない羽毛を足して、新しい側生地で仕立て直しをするのがリフォームです。

羽毛布団を家庭で洗う方法は大きく分けて2つあります。

①洗濯機で洗う

自宅の洗濯機で羽毛布団を洗う場合、まずは布団が入るかどうか容量を確認してください。
洗濯機に入れるときは布団をたたんでネットに入れてください。
布団を入れる前に水に洗剤を溶かしておき、しっかり水を浸透させてから洗ってください。
肌掛けふとんなど、薄めの羽毛布団でしたら問題なく洗えるかと思いますが、詰め物量1.0㎏以上の本掛けふとんの場合は注意が必要です。

方法

小さくたたんで洗濯ネットに入れる

手で押し入れて水を浸透させる

十分に水を含んだら洗濯機を回す

水を含んだ羽毛布団はかなりの重さになりますので、脱水には注意が必要です。
厚手の布団や大きなサイズの布団では、羽毛が偏ったまま脱水してしまうと、バランス不良により洗濯機自体が破損してしまうかもしれませんの注意が必要です。

②洗濯機で洗えない場合は、浴槽を使って洗います。

40℃程度のぬるま湯を布団が浸かる程度の量ためて洗剤を溶かします。

布団を3つ折りにして浴槽に入れてやさしく踏み洗いをします。
羽毛が傷んでしまいますのであまり強く踏みすぎないように気をつけて下さい。

洗ったら浴槽の側面などを利用して脱水するか、洗濯機に入る場合は脱水にかけます。
その後、再びお湯をためてすすぎを2~3回おこないます。最後に水気をしっかり切ってから干しましょう。

この方法で洗う事はできますが、その後がとても肝心です。
羽毛布団の水を切るのはかなり大変です。まずは、丁寧に脱水をしてください。

洗った羽毛布団は早めに乾かしましょう。
乾かす時間がかかってしまったり、乾かないまま使ってしまったりするとカビや悪臭が発生するおそれがありますので注意してください。

羽毛布団をしっかり乾かすコツは・・・

1・洗う前に天気予報を確認
洗う前に天気予報を確認してください。
1日で乾かないこともありますので、数日晴れが続く日を選んでください。

2・午前中の早い時間に洗う
午前中の早い時間から洗い始めて、少しでも長く日に当てられるようにすると乾きやすいです。

3・気温が低く日差しの弱い冬は避ける
冬は気温が低く日差しが弱いため乾きにくいので避けてください。

4・しっかりと水気を切る
干す前にしっかりと水気を切ってください。
水がしたたったまま干しても乾きません。
バスタオルなどに水気を吸い取ったり、工夫をしてください。

5・干し方に工夫をする
物干しに布団をかけたときに重なると乾きにくくなります。
折り返した部分が重ならないよう物干しを2本使ってM字に干すなど工夫をしてください。

ここまでは、羽毛布団の洗い方の説明です。

本題のメリット・デメリットについてですが、、洗える羽毛ふとんのデメリットは乾燥にあります。

実は、、乾燥にものすごく時間がかかります。

天日干しで乾かすには数日かかると思いますので、現実的には乾燥機が必要になると思います。
干しておくだけではなかなか乾かない、というのも理由の一つなのですが、一番大きな理由は、天日干しだけではかさ高が戻りにくい(膨らみを復元できない)のです。

羽毛を少量しか使用していない薄手のダウンジャケットならジャブジャブ洗濯しても、短時間で乾くので問題はありませんが、羽毛布団の詰め物量は、ダウンジャケットの約5倍~10倍もあります

洗濯後の羽毛は固まり絡み合っているため、元の姿を見る影もなくペチャンコな状態で洗いあがります。
ここから元のボリュームにするためには、適度な力を加えながら羽毛をほぐして開かせてあげる必要があるのです。
天日干しをしながら、羽毛を手で丁寧にほぐしながら乾燥させるのは、かなりの労力と時間がかかります。
やはり、乾燥機が一番効率的ということなのですが、家庭用ではパワー不足です。
羽毛原料の段階で乾燥させる温度は100度以上です。
高温で素早く乾燥させるからこそ、ダウンがしっかり開いて本来のかさ高が生まれるのです。

よって、現実的なのはコインランドリーの乾燥機を使う事です。
しっかりと水気を切ったのち、2時間を目安にしてください。
(厚みやサイズにより時間は前後しますが、羽毛の固まりがなくなるまでしっかりと乾燥させてください)

裏技としてテニスボールを2〜3個一緒に入れてみてください。
ボールが跳ねるたびに、羽毛をほぐしてくれますので・・

このように、羽毛布団を洗濯し乾燥するのはかなり難しいのです。
特に厚手の本掛けふとん(シングルサイズ:詰め物量1.0kg以上)の場合は注意が必要です。
羽毛は完全に乾燥できないと、固まってしまい、機能性を損ねるだけでなく、カビや悪臭の元になります。

と、いうことで、筆者は本掛けタイプをご家庭で丸洗いすることは、あまりお勧めしておりません。
理由は、上記の通り脱水・乾燥するのが大変だからです。
物理的には出来なくはないのですが、その労力とリスクを考えれば・・・ということです。

ただし、あくまでも厚めの本掛けふとんの場合です。詰め物量の少ない、肌掛けタイプや合い掛けタイプは、脱水・乾燥が短時間ですみますので、注意点に気を付けて洗濯してください。

*肌掛けや合い掛けでもダブルやクイーンサイズは大きいので注意してください。

注)
コラム/布団の洗濯方法①② には、タンブラー乾燥のご使用はお避けください。 と書きましたが、、
高温で急な乾燥をさせることで、生地の織り目が緩んだり、縮んだりするリスクがあるためでした。
(織り目が緩むと羽毛が抜けやすくなります)
やはり、しっかりと羽毛を乾燥させるには、水気を切った後、タンブラー高温乾燥が適していると思います。

まとめ・・・

大事な羽毛ふとんを長くお使いいただくには、できるだけカバーを使いカバーをまめに交換して、羽毛ふとん本体の洗濯は少なくする方が長持ちします。
具体的には、洗濯は多くても年1回くらいですね。
シーズンオフに押入れなどに収納する前に洗濯してください。

がわ生地の汚れがひどかったり、羽毛ふとんがふくらまずにペッタンコになっている、羽毛の片寄りがあるなどのケースは、羽毛を取り出して洗浄し、新しいがわ生地に詰めなおす「羽毛ふとんリフレッシュ加工」をおすすめします。

https://shop.koushuumoufuton.com/SHOP/268389/312246/list.html

最後になりますが、
羽毛は天然繊維です。
その年により品質、収穫量が異なります。
近年は衣料品の需要が高まり、年々不足しています。

羽毛は循環できる大切な天然資源です。
不要になった羽毛ふとんはリサイクルすることができますので、大切な資源を次の世代へ伝えるためにリサイクルも検討してください。

甲州羽毛ふとんでは、新製品をお買い上げの方に、古い羽毛ふとんの無料回収サービスを行っています。

https://www.koushuumoufuton.com/info/


ご購入はこちら

甲州羽毛ふとん®オンラインショップ

公式オンラインショップ

ふるさと納税サイト

甲州羽毛ふとん®は、ふるさと納税の返礼品としても採用されています。

Copyrights © Taki-living co. ltd. all rights reserved