甲州羽毛ふとん® コラム

羽毛布団で人気があるのは?そのれぞれの種類について説明します。

次に購入するなら「羽毛布団」という方は多いと思います。
わたの布団とは違う羽毛布団。その羽毛布団の人気の理由とは…ガチョウやダチョウなど、水鳥の羽を使用してつくられる羽毛布団は、従来の布団に比べ、特有の弾力性とふかふかした触り心地があるのが特徴です。軽いのにふんわりとしたボリュームがあり、保温効果が高いので、寒い冬でも暖かさを逃がさず快適にお休みいただけるのが人気の理由です。

今回は羽毛布団で人気がある種類についてそれぞれの理由について説明します。

コスパで人気の「ダックダウン」羽毛布団

コスパで人気の「ダックダウン」羽毛布団

ダックダウンとはアヒルの羽毛を使用したダウンのことです。メリットとしては供給が安定していて、また、価格の安さです。羽毛布団と言えば十数万円すると、高額品をイメージする方が多いと思いますが、ダックダウン羽毛布団の場合は、羽毛布団の中でも比較的安価の為、コスパを意識している人にはダックダウンの羽毛布団がおすすめです。

ただし、デメリットもあります。
アヒルは雑食のため、羽毛をきれいに洗い上げても、どうしても特有の臭いが残ります。匂いに敏感なかたはご注意ください。また、ダックは体長が小さいためダウンボールが小さいため、グースダウンの羽毛布団と比べるとやや耐久性が劣ります。

高品質で匂いも少ないのが人気。「グースダウン」羽毛布団

高品質で匂いも少ないのが人気。「グースダウン」羽毛布団

グースダウンとはガチョウの羽毛を使用したダウンです。
ガチョウは草食なので、ダックダウンに比べて臭いが少ないのがグースダウンの利点です。また、体長が多きため、ダウンボールも大きく、ボリュームがある羽毛布団でも軽量なものが多いです。
特に、数年間飼育されるマザーグースダウンは、ダウンボールが極大なため、耐久性も抜群で、丁寧にお使いになれば十数年も使うことができます。

基本的に性能がよく、高品質なグースダウンですが、そのため高額なものが多くなります。グースダウン羽毛布団は、金額を気にせずに高品質なものを求めたい方に人気の羽毛布団です。眠るための道具「寝具」としての価値を高めるのは、寝心地の良さです。羽毛布団の場合は、側生地の素材が重要になります。

扱いやすさで人気の「化繊がわ生地」の羽毛布団

ポリエステルなどの化学繊維は価格も比較的手頃で、洗えるタイプなどに多く採用されています。ただし、綿素材と比べると吸湿性に劣るため、蒸れやすくなってしまう為、汗っかきな人はポリエステルが使用されていないがわ生地がおすすめです。

寝心地重視で人気の「綿素材がわ生地」の羽毛布団

綿は天然繊維で、さらっとした手触りが特徴の素材です。吸湿性が高いので、汗などをかいてもベタつくことがなく、中でも超長綿と呼ばれる細番手のものは価格は高いですが、高品質です。

そのぞれ人気の羽毛布団の種類を説明しました。
一般的なわたの布団に比べると少しお値段は高くなりますが、そのぶん品質の高さと寝心地のよさは抜群です。快適な眠りを求めている人は、ぜひ羽毛布団の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

滝口彰彦

1967年山梨県生まれ。 中学生の時に父親に連れられ、ドイツの展示会で初めて羽毛布団に出会う。 羽毛布団の素晴らしさに魅せられ、寝具小売業へ就職ののち、製造に携わりたい思いで工場へ転職し、日本中の問屋へ羽毛布団の卸売りを手掛ける。 その後、タキ・リビングを立ち上げ、「甲州羽毛ふとん」ブランドを展開。現在に至る。
The following two tabs change content below.

滝口彰彦

1967年山梨県生まれ。 中学生の時に父親に連れられ、ドイツの展示会で初めて羽毛布団に出会う。 羽毛布団の素晴らしさに魅せられ、寝具小売業へ就職ののち、製造に携わりたい思いで工場へ転職し、日本中の問屋へ羽毛布団の卸売りを手掛ける。 その後、タキ・リビングを立ち上げ、「甲州羽毛ふとん」ブランドを展開。現在に至る。

ご購入はこちら

甲州羽毛ふとん®オンラインショップ

公式オンラインショップ

ウェブマガジン旅色の甲信越お取り寄せグルメ&観光特集に紹介されました

ふるさと納税サイト

甲州羽毛ふとん®は、ふるさと納税の返礼品としても採用されています。

Copyrights © Taki-living co. ltd. all rights reserved