甲州羽毛ふとん® コラム

羽毛ふとんは一生モノ?羽毛ふとんリフォームについて

甲州羽毛ふとん

「羽毛ふとんって どのくらい使えるの?」 と、いう問い合わせがよくあります。
羽毛ふとんは価格帯に大きな幅があり、高いものは100万円以上、お値打ち品は2万円程度で購入できます。
「なぜそんなに違うのか・・・」は、別の機会に触れますが、
正直ウン万円もする羽毛ふとんがどのくらい使えるのかは、知っておきたい点ですね。

上質な羽毛ふとんは数十年使う事ができる

羽毛は動物性タンパク質でできています。わかりやすく言うと、ヒトの髪の毛と同じようなものです。そのため、吸放湿性があり洗える素材です。
一部の商品を除いて、普通羽毛ふとんはそのまま水洗いすることは出来ないのですが、中身の羽毛は何回でも洗えるのです。
特にマザーグースダウンと呼ばれる上質な羽毛は、ダウンボールが大きくしっかりとして密度があるため、洗濯してもちぎれて小さくなりにくいのです。
つまり、定期的に羽毛ふとんのメンテナンス=リフォームをすることにより、十数年も使えることになります。
だから、上質な羽毛ふとん(の中身は・・)は一生モノといえます。

羽毛布団のメンテナンスタイミングは?

また、羽毛ふとんのリフォームは、5~7年周期くらいでいいと思います。
商品による違い、また、お使いの環境や状態にもよるため、正直、もっと短かかったり、長く使用できる羽毛ふとんもあるとは思いますが、あくまでも平均でということです。

ちなみに綿布団の場合、2年に一度くらいは打ち直しが必要です。

羽毛ふとんを使っていると、たまに羽毛が吹き出してきます。
当然、羽毛の吹き出しをおさえるためダウンプルーフ加工が生地に施されていますが、多少は吹き出してきてしまいます。
これは、ダウンがちぎれたファイバーや、わずかながら入っているフェザーの芯が生地に刺さりそこから飛びだしてしまうためです。
また、数年ご使用になると、汗などの油脂分が中の羽毛にまで付着していき、徐々にかさ高がなくなってきます。
羽毛ふとんを四つ折りし、上から押してみて、戻りがおそかったり、戻らない場合は、そろそろリフォーム時期のサインです。

羽毛布団のリフォーム内容

リフォームの内容は一般的に羽毛洗浄の上、足し羽毛をして新しいがわ生地への再度詰め直すことになります。
この一連の作業で1セットという販売店さんがほとんどだと思いますが、羽毛の洗浄の方法などが販売店さんにより異なるため、よく確認してください。
また、新しいがわ生地や、キルト方法、不足した羽毛を足す「足し羽毛」の質、量などにより価格が変わりますので、現在ご使用の羽毛ふとんの生地、羽毛の質などをよく調べ、グレードがあまり変わらないようにリフォームの依頼をしましょう。 リフォームしたのに羽毛ふとんの質が落ちてしまうことは避けたいところです。
特に、がわ生地は素材により身体への沿い方が違うため、肌触り、風合いをしっかり確かめてからお決めください。

また、家族の構成が変わったりしたときには、羽毛ふとんのサイズ変更や、本掛けから肌掛けなどの厚み変更も可能です。
もちろん、新たに購入するという選択肢もありますので、どちらがお得かよく考えてからご購入ください。

甲州羽毛ふとんでは、羽毛を直接水で洗浄する「プレミアムウォッシュ加工」でリフォームします。
羽毛ふとんを水洗いしてから中身の羽毛を取り出す方法と違い、中身のみ羽毛をふとんから取り出し、ミネラルたっぷりの豊富な天然水で直接洗うことで、新品同様のピカピカ、ツヤツヤな羽毛に蘇らせます。

羽毛は天然繊維、その年により品質、収穫量が異なります。
また、近年ダウンジャケットの需要が高まり、年々不足気味です。羽毛は循環できる大切な資源です。
不要になった羽毛ふとんはリサイクルすることができます。
大切な資源を次の世代へ伝えるためにリサイクルも検討ください。


ご購入はこちら

甲州羽毛ふとん®オンラインショップ

公式オンラインショップ

ふるさと納税サイト

甲州羽毛ふとん®は、ふるさと納税の返礼品としても採用されています。

Copyrights © Taki-living co. ltd. all rights reserved