甲州羽毛ふとん® コラム
2020.04.21未分類

安眠できるまくらの選び方のポイントと注意点

まくらが身体に合っていないと、頭痛や肩こり、いびき、首のシワなど、さまざまな影響を及ぼす原因になります。
身体に合ったまくらを見つけた日から睡眠の質が変わります。
今回はまくら選びのポイントを紹介します。

身体に合ったまくら選びについて

まくらはなぜ必要?・・・首筋の隙間を埋めて頭から首を支える。

身体に負担の少ない快適な寝姿勢は、まっすぐ立った時の自然な姿勢をそのまま横になってもキープできる状態です。頭から肩にかけては首筋のカーブと敷き寝具の間に隙間ができるので、その隙間を自然に埋めるのがまくらの役割です。まくらを使わないと、首が支えられず寝ている間も負担がかかり、頭痛や肩こりにつながることがあります。


正しいまくらの使い方は?

肩口まで引き寄せて首までしっかりと支える。
頭だけをまくらにのせるのではなく、肩口までまくらを引き寄せて深めに頭をのせるのが正しい使い方です。
後頭部から首筋にかけて頭の重さを支えることで、首や肩が疲れにくくなります。


まくら選びのポイント

高さは“仰向け寝”と“横向き寝”の両方をチェック 

まくらの高さは、人それぞれの体型によって変わります。
仰向けの時は後頭部から首の高さに合わせ、横向きの時は肩幅に合わせた高さが必要になるため、仰向け寝と横向き寝ではまくらの高さが異なります。
(つまり、横向き寝の場合はやや高めがおすすめになります)
睡眠中は人は寝返りを打つので、仰向け寝と横向き寝の両方に対応ができるよう、中央部が低く、両サイドが高めになるまくらが理想的です。

高さや形状について

高すぎるまくらの場合


頸椎が圧迫されやすく、筋肉が緊張して血行が悪くなり、首のこりに繋がりやすくなります。
いびきや首のシワの原因にもなることも考えられます。

低すぎまくらの場合

頭が不安定になり首に負担がかかります。

アゴが上がりやすいまくらの場合

首部分が高く、頭の上部の低いまくらはアゴが上がり口が開きやすくなります
イビキの原因にもなります。

大きさについて

寝返りをしても頭が落ちてしまわないよう、頭3つ分の幅を目安に選んでください

素材について

睡眠時にリラックスできるかどうかが大切なので素材はお好みで選んでください。


主なまくらの素材は次の通りになります。

[羽根素材]

ふんわりやわらかで、弾力性があります。
天然素材のためムレにくく吸放湿性に優れています。

[ウレタンフォーム]

クッション性に優れ、心地よいフィット感があります。
放湿性に乏しいのでこまめな陰干をおすすめします。

[ポリエステルわた素材]

ふんわりやわらかで、弾力性があります。
洗濯機で丸洗いでき回復力に優れています。

[パイプ素材]

へたりにくく、耐久性、通気性、弾力性に優れています。
ホコリがつきにくく丸洗いできるので衛生的です。

[そば殻]

適度な硬さを保ち、安定感があります。触った時のひんやり感が心地よく、放熱性に優れています。
頻繁に天日に干し、湿気を取り除くことが大切です。

高さについて

体型による傾向

筋肉質のガッチリ体型の方は高め、細め体型の方は低め、を選ぶ傾向があるようです。また、運動習慣のある方も背骨のS字カーブが発達していることが多いため、高めを好む傾向があるようです。

性別による傾向

一般的に女性は低め、男性は高めを好む傾向があるようです。これな女性の方が比較的に首の深さが浅いためです。

慣れによる傾向

固めの枕を使っていた方は高め、柔らかめの枕を使っていた方は低めと、使い慣れた枕に近いものを好む傾向があるようです。

でも、やっぱり好みが大事

仮に同じ体重や体型の方がいても、ご自身に合う枕は違います。硬さや高さはその人の好みにより異なります。人間工学や体型などは参考程度と考えて、自分の好みや感覚を信じて選んでください。

さいごに・・・ 以外と知らないポイント

敷きふとんやマットレスの固さによって、実はまくらの高さは変わります。
店頭でお試しで購入の際は、ご自宅の敷き寝具との硬さが異なりまくらの高さに誤差が生じますので、
お試しの際は、今お使いの敷き寝具の固さに近い敷き寝具の上でお試しください。


ご購入はこちら

甲州羽毛ふとん®オンラインショップ

公式オンラインショップ

ふるさと納税サイト

甲州羽毛ふとん®は、ふるさと納税の返礼品としても採用されています。

Copyrights © Taki-living co. ltd. all rights reserved